病院へ行かなくてもいい方法

訪問看護を依頼すると、看護師が自宅に来て身体の状態を見てくれます。 病気が悪化して、外出が困難な人は使ってください。 どんなことをしてもらえるのか、具体的な内容を確認しましょう。 1人でお風呂に入ったり、食事をしたりできない人のために、介護もしてくれます。

自宅で治療や介護を受ける

病気が悪化している状態では、移動するのも困難だと思います。
そんな人に、訪問看護が好まれています。
自分が病院へ行くのではなく、看護師がこちらに来てくれる方法になります。
お風呂に入ったり、食事をする際の手助けをしてくれます。
もちろん薬を投与したり、身体に異変が起こっていないかのチェックもできます。
治療のためでも、無理に病院へ行かないでください。
無理に身体を動かすと、病気が悪化する可能性が高いです。

費用を気にして、訪問看護を利用できない人がいるのではないでしょうか。
しかし、介護保険を利用するという方法があります。
介護保険を利用すれば、通常より負担が少なくなるので、訪問看護を利用しやすくなります。
病院へ行って治療を受けると、身体に与えられる負担が大きくなります。
負担を感じると、病気の治療が遅くなってしまいます。
安く済ませる方法がないか、考えてください。

週に、3回ほど看護師が来てくれます。
しかし病気の状態によっては、もっと回数が増えるかもしれません。
看護師が判断して、週に何回訪問するのか決めてくれます。
困っていることや不安なことがあれば、看護師に相談してください。
また、急に身体の状態が悪くなることも考えられます。
そうなったらすぐ、担当の看護師に連絡してください。
連絡すれば迅速に駆けつけて、応急処置をしてくれます。
病気の治療をしている時は、ガマンしないでください。
ガマンしても、病気が回復することはありません。
むしろ悪化します。

訪問看護を依頼できる人とは

年齢や病気によって、介護保険を適応できるかもしれません。 介護保険を利用できれば、費用が安くなります。 費用を気にして、訪問看護の依頼に抵抗を感じていた人がいるでしょう。 介護保険が適応できないか、調べてください。 実は、自分や家族も適応できる人に該当するかもしれません。

訪問してくれる日数を聞こう

通常は、1週間に3回ぐらい看護師が訪問してくれる決まりになっています。 病気の状態によって訪問する回数が変わるので、医師に身体の具合をよく診てもらってください。 かなり病気が進行している時は、もっと訪問する回数が増えるので安心して治療に臨みましょう。