訪問看護を依頼できる人とは

65歳以上の人は適応される

訪問看護を利用する人の中で、65歳以上の人は介護保険を利用できます。
病院へ行って治療をするより、訪問介護を依頼した時の方が高額な費用になってしまうと言われています。
それでは、利用するのに抵抗を感じてしまいますよね。
しかし無理をして、治療をしに行くのはおすすめできません。
介護保険の存在を思い出して、訪問看護に適応できないか医師に聞いてください。

介護保険を適応させるためには、医師から訪問看護指示書という書類をもらわなければいけません。
これは自宅で療養した方がいいと、医師が認めたということを証明する書類になります。
何も持っていない状態では、介護保険を適応できません。
忘れずに、医師からもらってください。

特定疾病に該当する病気

介護保険の中で、特定疾病に該当する病気を治療している人は、40歳から訪問看護の費用が安くなります。
特定疾病とは、末期ガンや関節リウマチなどです
それらの病気にかかると、自分で身体を動かすことが困難になります。
ですから、訪問看護をした方がいいと言われるでしょう。
要支援や、要介護の認定を受けることが多いです。

ずっと病院へ通っていた人がいると思いますが、辛くはありませんか。
訪問看護を受けたいと思ったら、担当のケアマネージャーに相談してください。
ケアマネージャーであれば、どんな保険を適応できるのかもっと詳しく知っています。
費用のことを気にしているなら、それもケアマネージャーに相談しましょう。
いい方法を、教えてくれるはずです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ